サービス付き高齢者向け住宅TEL (直通)03-5496-0671 FAX (直通)03-5496-0677

申込み資格

<次の要件を満たしている方>

  1. 1. 申請日現在、品川区内に2年以上住所を有している60歳以上の方
  2. 2. 月額収入が、487,000円以下の方
  3. 3. 利用料(月額利用料等)のお支払いができる方
  4. 4. 連帯保証人・緊急時連絡先を選定できる方 ※連帯保証人を選定できない場合はご相談ください
  5. 5. 暴力団、反社会勢力でない方
  6. 6. 「入居に際しての諸注意事項」を遵守できる方
サービス付き高齢者向け住宅

申込みから入居まで

STEP1 問い合わせ
入居に関する質問などお問い合わせください。
03-5496-0671
受付時間/9:00~17:00(日祝は除く)(土曜日は午後1時まで)
STEP2 入居お申込み
「入居申込書」にご記入いただき、ご本人様持参でお申込みください。
STEP3 空き室のご案内
STEP4 資格審査
居室をご覧いただけます。
STEP5 契約
ご本人、ご家族、連帯保証人に対し、契約担当者が説明を行い、賃貸借契約及びサービス提供契約を致します。
STEP6 ご入居
ご入居となります。

▲ page top

部屋数・部屋の広さ

部屋数 21戸 単身者向け
部屋の広さ Aタイプ(1K)・・・・25.77㎡  12戸 Bタイプ(1DK)・・・32.38㎡  3戸 Cタイプ(1DK)・・・34.09㎡  3戸 Dタイプ(1DK)・・・34.32㎡  3戸

※全室トイレ・浴室・キッチン・洗面・収納設備あり ※共用部分に食堂・キッチン・トイレあり

間取り図

間取り図TYPE A

間取り図TYPE B

間取り図TYPE C

間取り図TYPE D

▲ page top

サービスについて

基本サービス
①生活支援サービス 生活相談 本事業所の職員により相談業務を行います。
安否確認 職員が巡回し安否確認を行います。 また、見守りセンサーを使用します。
緊急時対応 緊急通報装置を寝室、浴室、トイレに設置、 通報時は即座に対応いたします。
②フロントサービス 来訪者の受付、配達物の取次ぎ、ごみ出し、各種情報提供等を行います。
③健康管理サービス 週1回体重、血圧測定等を実施し記録します。 体調不良時は随時対応し、ご家族、主治医に連絡をいたします。
選択サービス

①食事サービス:希望される入居者に対し1日3食のお食事を提供いたします。
②その他サービス:外出時の付添いや送迎・買い物代行サービスを行います。

▲ page top

利用料について

月額利用料(消費税込み)
Aタイプ Bタイプ Cタイプ Dタイプ
家賃 95,000円 125,000円 130,000円 130,000円
共益費 20,000円 20,000円 20,000円 20,000円
基本サービス料 41,000円 41,000円 41,000円 41,000円
小計 156,000円 186,000円 191,000円 191,000円
家賃助成 -40,000円 -40,000円 -40,000円 -40,000円
合計 116,000円 146,000円 151,000円 151,000円
家賃助成金について

家賃助成金は、入居者の前年度の所得により決定します。
決定後は、品川区から毎月40,000円を上限に家賃助成がうけられます。
*入居日以降は毎年6月に所得調査の上、助成額が決定します。
但し収入が多い場合は助成金が受けられませんのでご了承下さい。
※入居時に上記金額とは別に敷金「家賃の2ヵ月分」が必要になります。

その他利用料(消費税込み)
食事サービス 月額51,000円(朝400円 昼600円 夕700円)
買い物代行サービス 1時間2,000円(品物代は別途実費)
付添い・送迎サービス 1時間2,000円(タクシー代は別途実費)
清掃サービス(住戸内) 30分1,000円(換気扇、エアコン等は業者紹介)

▲ page top

入居の諸注意事項

入居に際しての諸注意事項

(1)「利用料について」以外にご負担いただく主な経費
①入居及び退居に要する費用
②電気、ガス、上下水道、電話などの使用料
③日常消耗品費
④日常生活用具の購入費及び取付け工事費
⑤入居者の責めに帰すべき事由によって生じた修繕などに要する費用
⑥その他社会通念上入居者が負担すべき費用

(2)次の行為は禁止されております
①居室を転貸し、またはその他の使用権を譲渡すること
②居室に他の者を同居させること
③無断で居室その他に造作を加えること
④危険行為や騒音、悪臭の発生その他近隣の迷惑になるような行為、衛生上有害な行為及び建物に損害を与える行為
⑤犬、猫、その他家畜やペットを飼育すること
⑥火気を使用すること
⑦建物および敷地内に危険物および保全を害する物件等を搬入すること
⑧その他、他の方に迷惑のおよぶ行為

(3)次の場合は使用の承認を取り消すことがあります
①不正行為により入居の承認を受けたとき
②他の入居者の生命の危害を及ぼす恐れがある場合
③本契約を継続することが社会通念上著しく困難な場合
④入居者が正当な理由なく支払うべきサービス利用料を3ヶ月以上滞納し、相当の期間を定めて催告したにもかかわらず、なお期間内に滞納額の全額の支払いがない場合
⑤上記(2)における禁止行為を行ったとき

▲ page top